言葉はいつも心に足りない

アクセスカウンタ

zoom RSS 雑記

<<   作成日時 : 2017/02/23 21:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

誕生月のこの時期、
人間ドックを受けるのがルーティーン。
(いつからルーチンって言葉からルーティーンになったのかな?)


小学生の時、夜のお腹が痛くなって
救急病院に行ったことがある。
家では痛かったのだが、
病院に行く頃には痛みは無くなり
結局何もなしで帰ったのだが。


人間ドックで大腸ファイバーをする。
浣腸されて、ファイバー入って、腸内に空気入れられるので
通常とは異なる腸内環境。

  時には浣腸後のトイレで気分が悪くなり、

  時には検査後に空気が抜けてなくて膨満感に苦しみ

と、まぁまぁしんどい。

で、時々小学生の時に感じた腹部の痛みを感じる時がある。

小学生の時は痛みを表現できなかったのだが
大人になったので痛みを表現できるようになった。
感覚的に、小腸あたりで普段とどまらない部分に消化物がとどまってる模様。

結局、とどまっているものが先に進めば痛みはなくなるのだが

これまた、まぁまぁしんどい。

まぁ、早期発見には代えられないので我慢、我慢。






大阪に戻ってくると昼食時。

阪急で九州の物産展をやっていたので寄ってみた。

30分くらい並んで食したのだが・・・
画像



全然、ふつー、

まったく美味しくない、残念!







月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
雑記 言葉はいつも心に足りない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる